遊びの味方!黒川基地blog

「遊びで人生をもっと豊かに」

床DIY【カスタムラグで超簡単模様替え】

みなさん、遊んでますか。

f:id:lily_row:20190412173207j:image

簡単に模様替えができる方法をご存知ですか。カスタムラグというアイテムを使えば、部屋や床を簡単に模様替えができるのです。ということで、今回はカスタムラグの使用方法を説明していきます。新生活や模様替えの参考にしてみてくださいね。

 

  

準備

f:id:lily_row:20190412173231j:image

1)掃除

カスタムラグを敷く前にしっかりと掃除をしておきましょう。掃除機かけて雑巾がけして、しっかりとキレイにしておきます。

 

2)準備物

f:id:lily_row:20190412173216j:image

・カスタムラグ

今回用意したのは「東リ カスタムラグ」を使います。「東リ カスタムラグ」は

・40×40cmの正方形のラグ

・裏に滑り止め付き

・色が豊富

・簡単に切れる

ので、使う場所に合わせて簡単に加工できるし、別途滑り止めマット等を用意する必要がありません。今回はキャロットSPとバニラの二色を購入しました。

 

・ハサミ

カスタムラグの裁断に使います。カスタムラグは厚いので切れ味の良い、裁ちバサミが良いと思います。

 

・定規

カスタムラグを正確に切るために基準線を引くときに使います。カスタムラグは辺の長さが40cmなので、それ以上の長さの定規があるとベターです。

 

・マジック

カスタムラグに線を引くときに使います。東リ カスタムラグには背面に保護シートが貼ってあるのでマジックで書いても本体は汚れません。

 

3)型取りをしておく

f:id:lily_row:20190412173242j:image

部屋や廊下の隅が直角じゃあない場合カスタムラグを切ることになるので、正確に切れるよう型取っておくことをおススメします。型を作っておけば作業効率がぐんとアップしますよ。私は手元にあったフォト光沢紙を使って型紙を作りました。

 

敷いていく

準備が全て終わったらいよいよカスタムラグを床に敷き詰めていきます。カスタムラグは厚手でしっかりとした作りなので、ぴしっと合わせて敷くことができて気持ちが良いです。

↓型取りした所

f:id:lily_row:20190412173256j:image

 

↓敷いていくだけなので簡単に作業が進みます

f:id:lily_row:20190412173309j:image

こんな感じでどんどん敷き詰めていくと、左端のようにどうしても余ってしまうところが出てくると思うので、カスタムラグを裁断して詰めていきます。

 

敷き詰め終わるとこのような景色になります。


f:id:lily_row:20190416082119j:image

f:id:lily_row:20190416082125j:image

木目一辺倒だった床が随分と明るくなりましたね。

 

個人的に余った所に敷き詰めていく作業が1番難しいと感じました。カスタムラグは厚みがある分、はめ込む際に少しでも大きいとそこから浮いてきてしまうので、ミリ単位での調整が必要なんですね。ここは個人のこだわりなので、どこまで詰めて調整していくか、だとは思います。私は浮いてくるのも嫌だし、間が開きすぎているのも嫌だったので、妻に呆れられながら黙々とカスタムラグを切ってはめ込みました。

 

まとめ

カスタムラグを使った模様替えは

・敷くだけ

・必要な場合は切って調整

するだけでとっても簡単に景色を変えることができておススメです。必要な道具が少ないのもおススメポイントですね。春からの新生活、模様替えして気分一新してみてはいかがでしょうか。

 

それでは、みなさんの人生が遊びでもっと豊かになりますように!!