遊びの味方!黒川基地blog

「遊びで人生をもっと豊かに」

引き戸DIY【壁紙を貼ってセンス良くリメイクする方法】

みなさん、遊んでますか。

 

黒川基地のワークスペースにはこのような古い引き戸があります。

f:id:lily_row:20190119073939j:image

恥ずかしながら汚れたまま放置していた期間が長く、景色として美しくないこの引き戸。気になって仕方がないのでDIYで格好良くリメイク。壁紙を利用すると簡単に印象を変えることができます。今回はその方法を説明していきます。それでは、参りましょう。

 

 

壁紙を張り替えるための道具7点

f:id:lily_row:20190119152015j:image

左から順に・・・

①のり

②刷毛

③なで刷毛

④地ベラ

⑤竹ベラ

⑥ジョイントローラー

⑦カッター

セット販売しているお店もありますし、単品で揃えることもできます。セット販売が失敗しなくておススメです。

 

アサヒペン 貼り道具セット 粘着 943

アサヒペン 貼り道具セット 粘着 943

 

 

下準備

壁紙は予め少し余裕をもった大きさにカットしておくと後々楽です。引き戸は気合を入れて掃除しておきます。埃や汚れが残っていると剥がれる原因になります。もし、カビていたら要注意。せっかく貼り替えたのに中にカビが繁殖してしまいます。とことんキレイにしておきましょう。

 

壁紙の貼り方

1)糊付け

刷毛を使って貼り付ける面積より少し大きめに糊付けします。満遍なく貼り付ける面に糊が付くように刷毛で何回もなぞります。角にもしっかりと糊が付くようにしましょう。

 

2)貼り付け

角を合わせて下の角まで壁紙を貼ります。その後、空気が入らないようになで刷毛でこする!ひたすらこすります。すると壁紙が「すうっ」と圧着されます。続けて圧着していない部分を手で大まかに空気を抜きながら貼り付けていきます。全て貼り付けたらなで刷毛で圧着しましょう。

 

3)折り目を作る

端が余っているはずですので指で折れ目を作っていきます。その後、竹ベラを使ってしっかりと折れ目を作ります。角は切る方向に向かって2つ折りにします。

 

4)余分な部分を切る

カッターと地ベラを使います。ずれないように地ベラでおさえてカッターでず切っていきます。カッターの刃は新品か、新しい面で切るようにしてください。

 

5)隣に続けて貼る

先程と同様に同じように貼り付けていきますが、隣り合った壁紙の結合にジョイントローラーを使います。境界線をローラーで何回もなぞるとしっかりと密着します。模様がある場合はちゃんと模様を合わせて貼り付けましょう。

 

完成!!

f:id:lily_row:20190118184948j:image

アシンメトリーにしてみました。前に貼ってあったものの上にそのまま貼り付けたので凸凹していますが、これはこれで「味」が出て良いんじゃあないですか。

 

ステンシルを施してみる

f:id:lily_row:20190119074438j:image

アシンメトリーにした理由は片方にステンシルを入れたかったからです。ステンシルは絵の具をスポンジでポンポンする方法とスプレーでする方法があります。私はスプレー派なので、ステンシルシートを貼り付けて、新聞紙でマスキングして、艶消し黒のスプレーを吹いて完成。車のシートを利用した椅子と相まって良い景色になりました。

 

まとめ

壁紙の張り替えが大体1時間もあれば貼れるのでDIY初心者におススメです。はじめは難しさを感じると思いますが、やっている間に直ぐに上手く貼れるようになってくると思います。それほど壁紙張り替えは気軽にトライできるDIYです。

 

黒川基地の引き戸は古さをあまり感じさせなくなり、ステンシルを入れたことで遊び場にちょうど良い雰囲気を演出してくれるようになりました。やって満足のDIYです。古民家にお住みの場合や自宅に古い引き戸があってどうにかしたい。と感じている方は是非トライしてみてください。お部屋の印象ががらっと変わって生活が楽しくなりますよ!

 

それでは、みなさんの人生が遊びでもっと豊かになりますように!