遊びの味方!黒川基地blog

「遊びで人生をもっと豊かに」

カプチーノ快適化【ドア内張自作】

みなさん、遊んでますか?

 

今回は、「スズキカプチーノのくたびれたドア内張をアルミパネル風に自作してみた」という内容です。ワイルドスピードのブライアン仕様スープラのようにクールな内装を目指して自作してみました。

 

作り方は工作レベルなので是非参考にしてみてください。それでは参りましょう!

 

 

1 内張を剥がす

f:id:lily_row:20190930160259j:image

インナードアハンドルのネジを3本外せばドア内張が剥がせます。クリップを折らないようにパキパキ剥がしていきましょう。

 

内張はトルク?なのかしら。比較的キレイな状態でした。後で型取りに使いますので捨てないで取っておきましょう。 

 

www.lilyrow.work

 

2 材料の調達
f:id:lily_row:20190930160303j:image

ホームセンターでステンレス板と100均でスポンジ付きの強力両面テープを購入。マジックテープが欲しかったのですが欠品していたので今回は両面テープで固定することにしました。整備性を考えるとマジックテープの方が良いと思われます。また、剛性を考えるとステンレス板は厚い方が確実に良いのですが、加工のし易さを優先して薄目の板を使ってみました。不具合が出たら追って更新していきます。

 

3 型取り〜切り取り〜取り付け
f:id:lily_row:20190930160251j:image

取り外した内張を基に型取り・・・ポスカがあるとササっと型取りができるのでおススメです。
f:id:lily_row:20190930160255j:image

型取りができたら金切りバサミでサクサクと切り取っていきます。切り口が鋭利なので手や指を切らないように注意してくだだい。

 

切り取り終わったら両面テープを端に貼り付けていきます。ここまできたらカプチーノに逆の手順で取り付けるだけです!

 

4 完成!
f:id:lily_row:20190930160307j:image

格好良いですねえ。両側合わせて2時間以内の作業でした。準備と材料が整えば直ぐにできちゃいますね。他の車にも応用がきくと思いますので是非チャレンジしてみてください!

 

5 まとめ

f:id:lily_row:20190930165026j:image

いかがでしたでしょうか。古い車は新しい車と比べて自分色に染めていく作業がとても楽しいですよ。 ドアパネル作成は元のパネルと材料があれば直ぐにできるので愛車のドレスアップに是非チャレンジしてみてくださいね!

 

それではみなさんの暮らしが遊びでもっと豊かになりますように!!

 

www.lilyrow.work

 

スズキ・カプチーノ―チューニング&ドレスアップ徹底ガイドvol.153 (NEWS mook ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底)