遊びの味方!黒川基地blog

「遊びで人生をもっと豊かに」

100均DIY【直ぐにできる恐竜プレイテーブル】

みなさん遊んでますか? 

 

今回は息子が大好きなタカラートミーさんのアニアでの遊び方を紹介します。我が家にはアニアの恐竜シリーズがたくさんあるのと、息子が只今ジュラシックワールドにどっぷりなので、立体的なジュラシックパークを一から作ってあげよう!という企画です。ちなみにアニアのジュラシックパークのセットを買うと1万円くらい?だったはず。今回は費用をお手軽に息子と楽しむために100円ショップを利用してみました。それではご覧ください。

 

  

材料

※全てダイソー

造花3セット

造木(というのか?)3セット

青フェルト

コルクボード2つ

人工芝(小)4

計1300円くらいで材料を購入。その他に机を作る木材なんかは基地に転がっている廃材等を使います。

 

①土台作り

f:id:lily_row:20190112134809j:plain

基地にある廃材で土台になる物を組み立てます。立って遊ぶことを考えてテーブル状にしてみました。天板は学校で使われている机の再利用です。今後の拡張性を考えて少し大きめにしました。

 

②海の部分をはる

f:id:lily_row:20190112170110j:plain

テーブルに青フェルトを木工ボンドではりつけました。息子はモササウルスを多く持っているので海を広めに設定。形は適当に適当に。こういうところは失敗しても後から失敗に合わせてこん詰めればなんとかなりますのでこの位の出来栄えで。
 

③陸の部分をはる

f:id:lily_row:20190112170120j:plain

土の部分はコルクボードをはりつけました。ここの形も例に漏れず適当です。ボンドで大きなパーツをはり合わせていくことが楽しそうな息子が見れただけで良しとします。

 

グルーガンで木や花を取り付ける

f:id:lily_row:20190112170103j:plain

ここからが少し大変。あとセンスの見せ所かと思います。グルーガンを駆使して買ってきたパーツ類をジャングルっぽく取り付けていきます。コルクボードに穴をあけてグルーガンを流し込み、少し固まったところにパーツを差し込むのがポイント。ボンドとかも直ぐにくっつけちゃあダメですよ。少し固まってきたかなあというタイミングで接着すると直ぐにくっつきます。アニア本体や大きめのパーツを置けるスペースを考えながら地道に取り付けます。

 

完成

f:id:lily_row:20190112170047j:plain

色々なパーツを取り付けたらアニアのパーツも置いて、恐竜も配置して完成。「おおー!」といつもなら配置を考えずに恐竜たちを置きまくる息子が何やらストーリーを考えながら慎重に置いている姿に「作って良かった」と思いました。「いい感じ!いい感じ!」と素直に喜んでくれましたよ!
 

まとめ

f:id:lily_row:20190112170210j:plain

約1万円出してプレイシートを買えば済む話じゃあないか!という声が聞こえてきそうですが、完成した物を見ると買った「充実感」よりできた「達成感」が勝った結果となりました。遊びの企画としては大成功。アニアが大好きな息子も大喜びしてくれたので父親としても大満足です。

 

かかったのは材料費2000円未満なので週末のちょっと変わった遊びにどうでしょうか。100均で材料を集めるととても安くプレイテーブルを自作できるのでおススメです。

 

それでは、みなさんの人生が遊びでもっと豊かになりますように!!